keyboard_arrow_right
快適な生活を送るために福井で新築住宅を購入する際の注意点

快適な生活を送るために福井で新築住宅を購入する際の注意点

福井は自然に囲まれ、食文化も豊かな住みやすい街として有名です。さらに、子育て支援にも自治体が力を注いでおり、共働き家庭にも優しい街だと言えます。それだけに、比較的、若い年齢で住宅を購入する人が多いのが特徴です。また、近年では東京などの首都圏からのUIターンの支援にも力を注いでいます。
さて、マイホームの購入を考えている人にとって、新築住宅は憧れであるといっても過言ではありません。生活の拠点を定めることになりますから、今まで以上に、家族や仕事に対する責任感も強くなりますし、地域とのつながりも出てきます。そういった点から考えると、マイホームを購入する地域については、子育て支援、高齢者対策の充実といった「住みやすさ」を第一に考えて検討することが大切であり、福井はその条件を充たしていると言えます。

マイホームの購入年齢と頭金の目安額

一般的にマイホームの購入年齢は、30歳代後半から40歳代中盤が多いと言われています。その理由には、結婚をして、子供が生まれ、仕事が一段落する年齢と合致しており、生活の拠点を定めるタイミングにマッチしていることがあげられます。
また、住宅を購入する際にかかる頭金が揃うのもこの年代になることも大きな理由です。頭金は、住宅の購入価格の2~3割程度が理想ですから、人生の転機である結婚や出産などでかかる大きな出費を考えると、この年代になってやっと貯蓄できる家庭が大半なのです。
ただし、最近では女性が正社員として、結婚・出産後も働き続けることができる環境が整ってきましたから、頭金を早期に貯蓄することが可能ですから、福井でも若い年代で住宅を購入する家庭も少なくありません。

新築住宅で快適な生活を送るための注意点

マイホームは一生に一度の大きな買い物ですから、少しでも良質な物件を購入したいと考えるものです。言い替えれば、高額な物件ほど快適な生活ができると思ってしまうものです。特に、モデルルームなどに見学に行くと、様々なオプションも勧められますから、毎月節約すれば何とかなると思い、ついつい予算をオーバーしてしまうことも少なくありません。
しかしながら、住宅ローンの支払いは長期間にわたるものですから、節約も度が過ぎると長続きしません。また、新築住宅を購入する際には、大半の人が家具や家電製品も買い換えをしますから、予想以上に出費が増えていくことも忘れてはなりません。
せっかくマイホームを購入しても、快適な生活とならなければ意味がありません。そのためには、住宅ローンの支払いには余裕を持たせることが得策なのです。